メタルマッスルHMBの気になる口コミ

体脂肪を落とす筋トレや鉄アレイを使った筋トレ、自宅でできる胸筋の鍛え方などを解説します

メタルマッスルHMBの気になる口コミ

体脂肪を落とす筋トレのポイント

「筋トレをしてマッチョな肉体を手に入れたい!」と思う方の中には、同時に「脂肪を減らしてダイエットしたい」と感じている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、体脂肪を落としたいときの方法や、筋トレを行う上でのポイントなどについて調べてみました。

体重ではなく体脂肪率を落とすことを意識する

体脂肪を落とすことと筋肉トレを同時に行っていく場合、気をつけたいのが、ダイエットは「体重を落とすだけではない」ということです。ただ食事を抜けば体重を減らすことができますが、これでは、筋肉量まで減少してしまっていることとなり、マッチョな体つきからは程遠いものとなるでしょう。

筋肉量を増やしつつダイエットを望むのであれば、「体重」ではなく、「体脂肪率」を落とすことを意識してトレーニングしていくことが大切なのです。

食事に気をつけよう

糖質の摂取量を減らす

体脂肪を落とすことは、つまり体内の脂肪を燃焼させて減らしていくことにあります。しかしここで食事によって糖質が取り込まれると、運動によるエネルギーはまず糖質の分解に費やされることとなります。そのため、脂肪が燃焼する過程は後回しとなってしまう形となり、体脂肪率を減らすことが難しい状態となってしまうのです。

近年、巷では「糖質制限ダイエット」が流行していますよね。しかし、糖質はスタミナなどにも大きく関与するといわれていますので、「筋肉も鍛えたい」という場合は特に、一切摂取を控えてしまうというのはおすすめできません。とはいっても、「脂肪を減らしたい」と考えている方にとって、適度な制限は有効な手段なのでは、と考えます。

3食バランスよく&和食がおすすめ

筋肉量を増やしつつ体脂肪を落としたいというときは、規則正しく1日3食を食べていくことが、健康的かつ理想的な身体を目指す上で大切です。また、栄養バランスが整った和食を取り入れていくのがおすすめとなっています。

有酸素運動をしよう

「脂肪を燃焼させて体脂肪率を減らしたい」というときに有効な運動といえば、「有酸素運動」を思い浮かべるのではないでしょうか。決してハードな運動というわけではないため、老若男女がすぐに取り組めるメニューばかりとなっていますよね。一例としては、

  • ジョギング
  • ウォーキング
  • サイクリング
  • 水泳(ゆっくりと泳ぐ)

などが代表的です。体内に酸素を取り込みながらの運動となるため、脂肪をより効果的に燃焼することが可能であるといわれています。

また、筋トレとの同時進行で考えた場合、おすすめなのは筋トレ後に有酸素運動を行うことです。事前の筋トレによって体内に残った糖質が分解済みの状態であれば、有酸素運動によって燃やされるのは体内にある脂肪ということになります。このような効率を考えてトレーニングしていくとよいでしょう。

筋トレ+脂肪燃焼となるトレーニングは?

筋トレと脂肪燃焼の双方を同時に行える運動として知られているのが「スクワット」です。スクワットは、太ももを中心とした下半身の筋肉を鍛えることができる上、代謝アップ効果をもたらし、結果的に脂肪燃焼にはたらきかけるといわれています。特別な道具がなくてもすぐに始められるトレーニングとなりますので、是非とも取り入れてみてはいかがでしょうか。