メタルマッスルHMBの気になる口コミ

体脂肪を落とす筋トレや鉄アレイを使った筋トレ、自宅でできる胸筋の鍛え方などを解説します

メタルマッスルHMBの気になる口コミ

鉄アレイを使った筋トレ方法

筋トレに使われる器具にはさまざまなものがありますが、その中でも「鉄アレイ」は最もポピュラーなアイテムの一つといえるでしょう。今回は、この鉄アレイを使った筋トレ方法についてご紹介していきます。

自身に適した鉄アレイを選ぼう

まず、「鉄アレイ」といっても重さにはさまざまな種類があることを覚えておきましょう。ここで軽すぎるものを選んでも筋トレの成果を得ることはできませんし、逆に重すぎるものでは身体を痛めてしまう原因となってしまいます。

目安としては、鉄アレイ一つの重さについて男性:5~10㎏、女性:2~5㎏よりスタートし、トレーニングの進行具合によって重量を増やしていきます。このようなためにも、自宅用の鉄アレイは可変式(プレート交換により重さを変えることができるもの)をご用意いただくのがおすすめです。

鉄アレイでできる筋トレとは

ご自身に合った鉄アレイを選ぶことができたら、いよいよ鉄アレイを使った筋トレを行っていきましょう。主に上半身の筋トレに用いることができますので、部位別にその方法をご紹介していきたいと思います。

上腕二頭筋を鍛える「ダンベルカール」

最もスタンダートなトレーニングとして知られるのが、このダンベルカールです。上腕二頭筋、つまり腕の力こぶを鍛えることが可能となります。

まず、鉄アレイを両手に持ち、腕を下におろしておきます。そこから片方ずつ、腕の筋肉を意識しながら、肘を曲げて肩の位置まで鉄アレイを上げていくというものです。注意したい点は、反動によって鉄アレイを上げないこと、そして肩より高い位置に鉄アレイを上げすぎないことです。

大胸筋を鍛える「ダンベルベンチプレス」

分厚い胸板は、かっこいい男の象徴ともいえますよね。また女性にとっても、大胸筋を鍛えることはバストアップにも効果絶大です。ベンチプレスといえば通常はバーベルを用いて行うものですが、鉄アレイでも効果を発揮することが可能となります。

手順としては、まず両手に鉄アレイを持ち、トレーニングベンチに仰向けになりましょう。両足は、踏みしめるようにかかとまでつけておきます。そのままの体勢で胸を張ったら、ゆっくりと両手を上げ下ろししていきます。 ここでのポイントは、胸の筋肉を意識してゆっくりと行うこと、そしてやはり、腕を勢いによって反動で上げ下げしないことです。

いろいろな筋トレ方法を試してみよう

その他にも、鉄アレイを使ったトレーニング方法にはさまざまなものがあります。

  • 上腕三頭筋を鍛える「ダンベルフレンチプレス」「トライセップスキックバック」
  • 背筋を鍛える「ダンベルローイング」
  • 大胸筋・広背筋を同時に鍛える「ダンベルプルオーバー」

などなど、上半身のあらゆる筋肉を鍛えることができます。動画サイトなどでは詳しいトレーニング方法が多数アップされていますので、参考になさるのもよいかと思います。