メタルマッスルHMBの気になる口コミ

体脂肪を落とす筋トレや鉄アレイを使った筋トレ、自宅でできる胸筋の鍛え方などを解説します

メタルマッスルHMBの気になる口コミ

効果的な筋トレと食事のタイミング

筋トレでの成果をあげるためには、ただやみくもにトレーニングすればよいというわけではありません。より効率よく筋肉をつけていくには、日々の食事もトレーニングの一環であると考えることが大切です。 今回は、より筋トレを効果的にするための食事方法について考えていきましょう。

なぜ筋トレに食事が大切なの?

筋肥大は、筋トレをして筋肉線維を壊した後、超回復で筋肉量を増やすことがそのサイクルとなっています。 しかし、ここで筋肉を増やすためには「栄養」が必要となっており、それがないと、筋肉量を増やすことは難しくなるのです。ここでいう栄養とはまさに「食事」であり、つまり、筋トレ前後にしっかりと食事を摂らなければ、筋肉を増やすことはできないということがいえるのです。

筋トレ時の食事方法を覚えよう

筋トレ前の食事について

まず大切なこととしては、筋トレ時の空腹は避けるようにし、筋トレ前には食事を摂っておくことでしょう。空腹時での筋トレは、疲労蓄積やトレーニングの非効率を招く原因となってしまいます。

筋トレ前の食事のタイミングですが、1時間半前から2時間前、軽食であれば30~40分前に済ませておくことがベストとなります。この時間であれば、摂取した栄養を筋トレ時に効率よくエネルギーとして取り入れることができるためです。筋肉を動かすために必要なエネルギーの一つが、ブドウ糖です。炭水化物を中心にタンパク質など、栄養バランスが整った食事を心がけるようにしましょう。

筋トレ後の食事について

みなさんは、筋トレにおける「ゴールデンタイム」をご存知でしょうか? これは筋肉をつけるための重要な時間という意味なのですが、主に「筋トレの直後」、そして「就寝前」をこのように呼んでいるそうです。こちらの項では、その一つである筋トレ直後、そしてそのタイミングでの食事方法についてご紹介していきます。

筋トレ直後といえば、最も筋肉が疲労している状態であるといえるでしょう。ここで肉体が欲することとしては、「筋肉に栄養を与えたい!」という信号が送られていると考えられますよね。まさにこのタイミングで食事を摂れば、直接的に筋肉に栄養が届く形となるため、筋肉合成を促進する効果がアップするといわれているのです。

そして、ここでポイントとなる栄養素が「タンパク質」です。ご存知の方も多いかと思いますが、タンパク質は筋肉を作るための材料であり、筋トレには欠かせない栄養であると位置付けられています。筋トレ後に、プロテインの摂取が効果的というのもこのことからです。筋トレ後は特に、タンパク質を意識した食事であることが大切だといえますよね。

まとめ

  • 空腹時の筋トレは避ける
  • 筋トレ前に栄養バランスを考えた食事を摂っておく
  • 筋トレ直後にタンパク質を摂取する

今回、筋トレの効果を上げるための食事方法としては、以上のようなコツがあることをご紹介いたしました。 「筋トレにはダイエットを兼ねている」という方も多いとは思いますが、過剰な食事制限では筋肉をつけることができず、健康的に痩せることは難しくなってしまうでしょう。

栄養を考えたバランスの良い食事、そして、食事を摂るタイミングにも意識を向けることで、効果的に筋肉を育てていくことが可能となるのです。